設立と条件

合同会社の設立と条件について

会社設立は事業を行う人にとっては一つの目標であり、スタートラインであるとも言えます。事業を行う以上、誰しもある程度は事業を大きくしたいと考えるのが自然な流れですが、その気持ちがどの程度のものであるかによって選択する道には違いが生じてきます。特別な専門性を持った事業でないのであれば、ごく一般的な事業目的のためには株式会社か合同会社を設立すると言うのが一般的な選択肢であると言えるでしょう。現在のところ株式会社の知名度が非常に高く、会社を大きく成長させていくことを希望するのであればこちらの会社の仕組みを利用して行く方が望ましいと言えます。また株式会社の仕組みは決算を義務付けたり株式の保有数に応じた配当を義務付ける等多くの投資を集めて事業を大きくして行くために必要になる仕組みの基礎を持っていますので、投資家からの信頼を得やすいという特徴があるのです。
一方で合同会社を設立すると言う選択肢もあります。合同会社を作るための手順自体は株式会社と似ていますが、株式会社に比べてより条件が緩くなっていると言えるでしょう。株式会社として会社を維持するためには守らなければならない条件が沢山ありますが、合同会社の場合には株式会社では義務とされている決算報告の義務や役員の任期制、配当の出し方等に条件が無いというメリットがあるのです。そのため合同会社は設立のための手順がシンプルであり、審査のために必要な諸経費もかかりません。そのため株式会社に比べて随分と安く設立することが出来るものであると言えるのです。また設立後に必要となる各種経費に関しても株式会社の場合と比較して安くなる傾向にあると言えるでしょう。
合同会社を作ろうという考えを持ちやすいのは、事業が好調な個人事業主などの場合が少なくありません。ある程度成長するまでは敢えて会社を作らずに個人事業主として働いても問題はありませんが、収入が一定の水準を超えて行くと会社設立をした方が様々な点でメリットがあるということが出来るのです。その際に個人事業主がこれまでと同じように働きながら会社を作りたいと考えているのであれば合同会社は非常に理想的な条件を満たしていると言えるでしょう。合同会社は登記に必要となる費用も安いですし、決算公告をしないで良いため不要な経費を削減することが出来ます。この様な仕組みを上手に活用して会社作りを進めることが合同会社を作る際のメリットであると言えます。”