株式会社との違い

合同会社と株式会社の違い

2006年に施行された会社法より、これまで4種類あった会社の形態は、株式会社と、この時に新設された合同会社の2種類にまとめられました。つまり、現在会社を設立しようとするのであれば、合同会社か株式会社のどちらかを選ぶしかありません。そのため、この2つの会社形態の違いを知っておくことは、会社を設立する際に非常に重要なこととなります。

合同会社と株式会社の主な違いは、「役員と業務執行機関」、「利益配当」、「定款認証」、「登録免許税」、「持分の譲渡」の5点となります。まず、「役員と業務執行機関」は、出資者の立場が異なります。株式会社の場合、出資者とは株主のことであるため、経営には基本的に関与しませんが、合同会社の場合は、出資者と経営者が同一であるため、出資者が経営を行うことになります。
「利益配当」の場合、基本的に出資額と利益配当は比例していると言う点は同じなのですが、合同会社であれば、それとは別に利益配当の比率を決めることができます。そのため、出資額は少なくても、高い能力で会社に貢献した人が配当を多く受け取るということもできるのです。
「定款認証」および「登録免許税」については、会社設立の申請の際の問題となります。「定款」とは、社号や会社の所在地など、会社の基本情報であり、株式会社であれば、認証料5万2千円を払って「定款」を申請する義務があるのですが、合同会社であれば、申請をする必要がありません。また、登記申請の時に支払う「登録免許税」も、合同会社の場合は株式会社よりも9万円安くなります。つまり、合同会社は、設立の時点で株式会社より費用が15万円ほど安くなることになります。
最後に「持分の譲渡」についてですが、株式会社であれば、出資者の株式の持分は自由に譲渡できますが、合同会社であれば、出資者が株式を譲渡する場合は、社員全員の一致が必要となります。これは、第三者による乗っ取りを防ぐという意味で強みになります。

これらの点からすると、合同会社の強みとしては、設立時の費用が安くなることと、合同者と出資者の結びつきが強く、人事の自由性が高いことなどが挙げられます。一方、合同者と出資者の結びつきが強いだけに、新たな出資者の加入には様々な制限が課せられるため、会社を拡大させにくくなっているという問題点もあります。
逆に言えば、株式会社の場合は、設立時の費用は高くなりますが、新たな出資者が加入しやすく、会社を拡大させやすくなっているということです。こうした特徴の違いを踏まえつつ、自分たちの設立しようとしている会社に合った会社の形態を選ぶようにしましょう。”