税金

合同会社を設立する理由は税金

合同会社を設立する理由は人によって様々です。以前は株式会社か有限会社しか作ることができませんでしたが、最近になって合同会社を設立できるようになりましたから、新しい物好きだという理由で設立したいという人がいるかも知れません。あるいは、ただ単に会社の社長になりたいために、設立コストが安い合同会社を選んだ人もいるでしょう。いろいろな理由があると思いますが、やはりビジネスと言うことを考えたときに、税金対策ができると言うことはメリットとして非常に大きいと考えられます。会社というのは利益を求めるためにあるものですから、税金という無駄なコストをカットする目的があるのは自然なことでしょう。

では、合同会社を設立することによってなぜ税金が安くなるのでしょうか。この理由は非常に簡単で、税率が低いからです。課税されるべき利益があまり大きくない場合には、個人事業主の方が税率が低いのですが、個人事業主に対しては累進課税制度が適用されていますから、利益が大きくなってくると税率が高くなります。ですから、一定のラインを超えると合同会社を設立した方が税金が安くなります。現在、政府は法人税の引き下げを検討しています。諸外国に比べると、日本は法人税が高い傾向があり、そのために資本が海外に流出しやすく、海外からの資本が流入しにくいと考えられています。そのために、税率を引き下げて経済を活性化しようというのが現在の政府の方針なのです。今後も法人税の税率は下がっていくと考えられますから、個人事業主として経営を続けていくよりも、合同会社を設立した方が有利になるという傾向は強くなっていくでしょう。では、ほかの会社組織とは異なって合同会社を選ぶ理由はというと、この理由の一つが有限責任会社であることです。現在のところ、株式会社と合同会社の二つが有限会社ですから、リスクを抑えて設立するのならこの二つとなります。そして、設立コストやランニングコストは株式会社に比べて安いです。

個人事業主は個人で事業を行っていますから、事業がうまくいかなくなったときの責任はすべて自分でとらなければならないというデメリットがありますし、その上で事業の規模が大きくなってくると高い税金を支払わなければならないというデメリットもあります。設立することによって事業に対するリスクは存在しますが、リスクを抱えてでも利益を大きくするためには税金を安くできるというメリットは非常に魅力的でしょう。”